毎朝、新聞を読むとき、
ダイニングのテーブル上に広げるのではなく、
テーブルの下に行き、
床に広げ、
体操座りで読むのがルーティーンです。

その姿を見て、母は、
「小さい頃と同じだなぁ」
と思っていたらしいのです。
(今日知ったんですけどね)

私には年子で妹が2人いたので
小さいときから1人で遊ぶのが得意。

私自身はまったく覚えていないのですが、
本を読むとき、
いつも部屋の隅に行き、
本を床に置いて
体操座りをしながら読んでいたそうなんです。

小さいときにやっていたことは
大人になっても無意識に・自動的にやってしまう
、ようです。

ありがちな目線だと、
「2人の妹の育児で大変だった母に迷惑をかけないよう、
部屋の隅で読書にふけっていた、気丈でかわいそうな長女」


この孤独感を癒さなくてはー!

なーんてことを思ってしまいがちですが、

想像するに
私がそんな切ない思いでやっていた感はないんですね。

むしろ
私にとっては外界と遮断され、
偉人の伝記やグリム童話などが好きだったので
その世界に浸りこんでいた楽しい時間だったように思うのです。

今でこそ部屋の隅ではありませんが
テーブル下は、
外界とシャットダウンできる時間なのかもしれません。

確かにその間、両親の朝からくだらない話とか
テレビのニュースとかは耳に入ってこないですもんね・・・。

なので、私の
「体操座り+床で読む」に
心の痛みはなさそうなので
癒しの対象にならず、です。

支障があるとしたら、ですが。
そういえば昔から、電車の中で読書があんまり得意ではないんですね。
床に座れないから、なのかも?!

実は電話カウンセリングも
床座り。

面談カウンセリングも床にカーペットが敷いてある部屋では、座ること多々。

結婚しているとき、当時の夫からは
「なんですべてのものを床に置くの?」と質問され、
理由なんてなかったのですが、
ようやく謎が解けた気がします。

本日のおいしいマフィンも床置き。


「その悩み」


「そのテーマ」は


あなた自身に





解決できる力があります

オンライン個人セッション

60分=9,000円(税込)

カウンセラー・ヒーラー・

スピリチュアルティーチャー

安田 未稀

得意ジャンルは、浮気・不倫をしている当事者のサポート、自身は裁判まで経験した離婚問題など、「大人の複雑な問題」から、心と身体、ビジネス・キャリアまで幅広い。
セッションの特徴は、「自分で答えを見つけて、自分で動く力」を引き出すこと。
心理学の知識から、スピリチュアルまで様々な知識と領域をフルに活用。

LINE・メールで


個人セッションの






ご予約・お問い合わせ





受付中です!

下記ボタンから登録するか、「友だち検索」画面のID検索で @rcb4366q を入力して検索し、メッセージをお送りください。

友だち追加
メールは、


info★yasudamiki.com


(★=@に変更)