この時代を乗り越えていくために、今のあなたをサポートするメッセージをお伝えします

小さいときの「部屋の隅でポツンと体操座り記憶」は、悲しかった・辛かった記憶ばかりではない。

毎朝、新聞を読むとき、
ダイニングのテーブル上に広げるのではなく、
テーブルの下に行き、
床に広げ、
体操座りで読むのがルーティーンです。

その姿を見て、母は、
「小さい頃と同じだなぁ」
と思っていたらしいのです。
(今日知ったんですけどね)

私には年子で妹が2人いたので
小さいときから1人で遊ぶのが得意。

私自身はまったく覚えていないのですが、
本を読むとき、
いつも部屋の隅に行き、
本を床に置いて
体操座りをしながら読んでいたそうなんです。

小さいときにやっていたことは
大人になっても無意識に・自動的にやってしまう
、ようです。

ありがちな目線だと、
「2人の妹の育児で大変だった母に迷惑をかけないよう、
部屋の隅で読書にふけっていた、気丈でかわいそうな長女」


この孤独感を癒さなくてはー!

なーんてことを思ってしまいがちですが、

想像するに
私がそんな切ない思いでやっていた感はないんですね。

むしろ
私にとっては外界と遮断され、
偉人の伝記やグリム童話などが好きだったので
その世界に浸りこんでいた楽しい時間だったように思うのです。

今でこそ部屋の隅ではありませんが
テーブル下は、
外界とシャットダウンできる時間なのかもしれません。

確かにその間、両親の朝からくだらない話とか
テレビのニュースとかは耳に入ってこないですもんね・・・。

なので、私の
「体操座り+床で読む」に
心の痛みはなさそうなので
癒しの対象にならず、です。

支障があるとしたら、ですが。
そういえば昔から、電車の中で読書があんまり得意ではないんですね。
床に座れないから、なのかも?!

実は電話カウンセリングも
床座り。

面談カウンセリングも床にカーペットが敷いてある部屋では、座ること多々。

結婚しているとき、当時の夫からは
「なんですべてのものを床に置くの?」と質問され、
理由なんてなかったのですが、
ようやく謎が解けた気がします。

本日のおいしいマフィンも床置き。