問題を作り出している原因・制限をはずし、心から望む人生にしませんか?
NO IMAGE

親に「産んでくれてありがとう」と思えない私は親不孝なのでしょうか?

その昔、
私がカウンセリングを受け始め、
カウンセリングサービスの母体である
神戸メンタルサービスで多くの先輩と出会い

そして、
「親に産んでくれてありがとう、って感謝できるようになった」
という人にいっぱい出会いました。

なので私もいずれ
癒しが進んだら
そんなこと思うようになるのかな?
と思っていました。

ところが。

あれから十数年たちましたが。

いまだ
ゼロ

です(爆)

心理カウンセラーという立場を忘れて言いますが、
一度もありません。

うちの親は何かすごく大きな問題行動をしたわけではありませんが、
それでも親子間ではいろいろありますし。
しょせんカウンセラーだってそんなもんです。

世の中、「どう考えてもあんな親に感謝なんてできないよ」
という方もすごく多いと思いますし。

ところで。
じゃあ親はどうかというと。
そもそも勝手に産んでいるので
産んだことを感謝してほしいなんて思ってもいない
ようです。

なのでそれを目的に癒しを勧めるのは、おかしな話なわけです。

「産んでくれてありがとう」って、
製造者としての「親」という存在を使いつつ、

「自分という存在にOKを出している」

ことなのではないかと。

自己受容・自己承認の表現方法の一つなのではないかと。

なので、大事なのは、親に対し、
製造責任を感謝することではなく、

自分が自分にOKを出せ
自分が自分で幸せだと思えるようになること。


だと思うのです。

カウンセリングやセラピーではよく
親との関係を扱い、親を許せなんて言われる場合もあります。
↑私は、許せとは言わないカウンセラーですが(笑)

癒しの目的は、
親を許したり、感謝することではなく、
自分が幸せであること。

って思いますよ。

結果的に感謝するのならそれであり、で。