この時代を乗り越えていくために、今のあなたをサポートするメッセージをお伝えします

「こんな私とは別れてくれていいよ」に隠した、「本当の気持ち」と、このフレーズがもたらす可能性。

前回からの続きです。
「こんな私とは別れてくれていいよ」ですが、
これって本当に伝えたいことでしょうか?

そうではないですよね?

本当に思っていることは。
「別れてくれていいよ」ではなく、
「こんなダメなところがある私だけど、それでも愛してほしいし、私は一緒にいたい」
じゃないでしょうか?

パートナーが、
こんな私でも「愛しているよ!」と言ってくれるかどうか試したい、気持ちもあるのだと思います。

でも。
あなた自身が
「こんな私なんて・・・」と嫌っている部分を、
実はパートナーはなんとも思っていないことは、よくあるんですよね。

例えば
彼にやさしくできない私なんて、パートナーでいる資格がないわと思っていても、
彼は、やさしくされていないなんて思っていないし、あなたを愛している。

なーのーに、
別れてくれていいよ、
って言われると。

自分が愛している気持ちを受け取ってもらえない
拒絶された気持ちになるわけです。

これが何度も何度も繰り返されると、
実際にあなたがやさしくしているかどうかではなく
罪悪感があるゆえに、愛を受け取らないことによって、
パートナーシップが破綻していく可能性がある
のです。

罪悪感って厄介ですね。
自分の本心を隠してしまうようなことを企み、
行動させ、
そして幸せを遠ざけていくのです。

罪悪感って、
相手あっての感情なのですが。
その実は自分自身しか見ていませんよー
という本当に厄介な感情なのです。