問題を作り出している原因・制限をはずし、心から望む人生にしませんか?
NO IMAGE

「問題の裏には才能がある」は、本当。

東京から無事戻りまして、
今朝から名古屋で面談カウンセリングをさせていただいています。
本日は、東京でのことをお話ししますね。

会社員時代の友人に会ってきました。
彼女は現在、キャリアカウンセラーをフリーでやっているのです。

それまで20社以上、転職をしてきたのですが、

《いろんな仕事を試しては「これもあれも違う」の繰り返し。
自分のことを「何もできない、何をやっても続かないダメなヤツ」
と感じ、長いあいだ劣等感のかたまりでした。》

だそうなのです。

コレ!という仕事に出会えないこと、
その結果、何度も仕事を辞めてしまうことを
「問題だ」と感じていたんですね。

ところが。
ある日、気づいたのは、
自分と同じように、
「自分が何をしたいのかわからない。マッチした仕事がわからないと思っている女性はたくさんいるはず。」

その人たちの気持ちは誰よりもわかる。

もともと人の話に耳を傾け、アドバイスをしたり、役に立つことは好きだし、得意。

だったら、自分と同じ悩みを持つ人をサポートする側になろうと、
自分を活かす大好きな仕事=天職
を見つけるためのキャリアカウンセラーになりました。

つまり、自分にとって、
「問題だ」と思っていたことが、
逆に「才能」になり、
彼女自身が「天職」を見つけるきっかけになったんですね。


「問題の裏には才能がある」

カウンセリングサービスのホームページやカウンセラーのブログでも出てくる言葉ですが、
彼女の例で見ても、本当にそのとおりだと思うのです。

なので、私のカウンセリングでも
お客さまが「問題だ」と感じていることはもちろん。
お客さまは自覚がないけれども
カウンセラー側から見て「問題だ」と感じることも、
全部、大切な財産として捉えるようにしています。

ちなみに、この友人は。
私がまだカウンセリングサービスを知らなかった時代に
「カウンセリングっていいよ。受けてみたら?」と
勧めてくれた友人なのです。

そして、カウンセリングを受け、
今では、私がカウンセラーをやっていますから。

実は10年以上も前から、
彼女は、天職を見つけるサポートをしていたわけですね。

活躍する場所は異なりますが、
人をサポートさせていただくことに
喜びを感じるもの同士。
大事な友人です。