問題を作り出している原因・制限をはずし、心から望む人生にしませんか?
NO IMAGE

がんばるときも「一人で」がんばることが当たり前な「自立」タイプ

初回無料電話カウンセリングやイベントでのクイックカウンセリングで
なにかしらのご相談をいただいたとき。

「どうすればいいのか?」
ワンポイントやヒントをお伝えします。

すると

頑張り屋の自立している方は

「わかりました!じゃあ(一人で)やってみます」

※注:一人で~言葉にしない、心の中の声。

とお持ち帰りになり、<一人で>頑張ります。

中にはそのままうまくいくケースもあり、あっさり問題や課題をクリアしているケースもありますが、
そうはいかなかったり。
しばらくするとまたうまくいかないことが発生。

で、久しぶりにまたカウンセリングを利用されて、
また
「わかりました!じゃあ(一人で)やってみます」

※注:一人で~言葉にしない、心の中の声。

なのです。

これが悪いというわけではないのですが、
このやり方では、
「こうなりたい」という状態まで数年以上かかる可能性があります。

なぜなら。


自分一人でやることにこだわってしまっているから、

なんです。

自立の方は、
頑張り屋さん・努力家なので、自分でやってもある程度ことはできると思うんですよ。

でもそれに仮に3年かかるとして、
カウンセラーの力を借りて1年でできるとしたら?

時間が三分の一で済むとしたら?

あなたがもし32歳だとして、35歳までかかってやるのか
33歳までで終わらせるのか?
これって大きくないですか?

そして、それが自分1人でやるよりも、それ以上の成果が得られたリ
思わぬことが起きるとしたら?

「自分一人だけでがんばる」を手放してみませんか?

!こんな方は要注意!チェックリスト!

□必要な情報や術は全部自分で手に入れなければならない
□努力を怠っていたら負けてしまう
□誰かをあてにするなんて弱い者のすることだ
□人の力をあてにするなんて、劣等感が刺激されるだけだ
□自分のことを人に話してもわかってもらえるわけがない
□人から、頑張ってますよね!と言われても、別にがんばってないし、まだまだ足りないと思う