問題を作り出している原因・制限をはずし、心から望む人生にしませんか?
NO IMAGE

「心の体幹トレーニング」を積むと、人間関係も、人生も変わる。

「心の体幹」を鍛える必要性について、昨日の続きです。

私のカウンセリングでは、お客さまが抱えている問題に対し、現実的な対処方法をご提案したり、一緒に考えたりさせていただいています。

が、それは即効性はあるけど、一過性のもの、もあります。

例えば
彼におごってもらうと、悪いなと思って
申し訳なさそうにして、
すぐ財布を開いてしまう「受け取れない」女子がいます。
全国にたくさんいますよね!

じゃあ「受け取れる」ようになるためには?

財布を開くのをやめて、
その場で、にこっと「ありがとう」と言ってみる。

これが「すぐできること」ですよね。

鏡の前でその練習をしてもいいでしょう。
これがすぐにできる現実的なアプローチです。

そして、実際に
(多少、顔が引きつりながらも)にこっとやってみたら
彼もうれしそうにしてくれた!という反応が!
なんだかいい感じじゃーん!あたしたち!となります。

ただ、現時点では、
「かわいらしく、無邪気に」
を、気合と根性でやってるわけで、

もっと自然にできますか?

彼に対して、お財布場面以外にも応用できますか?

彼以外の人・場面でも、受け取れますか?

となると、

うううう。
とか
うげーっ。

だと思います。

気合と根性と努力だけで無邪気にやり続けるのは、
限界があるわけですよね?

自然に、軽やかに、できない「何か」があるわけです。
それを癒やして解放していく必要があります。

じゃないと、「受け取り」がなぜか苦しいものになってしまいます。

本当の意味で「受け取る」ということは。

「受け取ることが自然な、自己価値を持っている状態」

であることが大事なんですね。

この状態を目指すと
ちょいと時間とトレーニングが必要なのが
わかりますよね?

あなたの自己価値が低いのは、
何か原因と理由があります。

過去の失恋が原因かもしれません。
いやいやもっと小さいときからかもしれません。

低く見積もってしまった原点に気づき、癒やす。
癒やし方はいろいろです。

ここが身体の根幹から作り直し、鍛えていく、
体幹トレーニングと同じだと思うんですね。

じゃあ自己価値をあげていくと?

受け取ることが自分にとって
自然で当たり前のことになり。
あらゆることで受け取れるようになります。

彼と、だけでなく
職場の上司、同僚、
友達、親・・・
との関係がよくなる気がしませんか?

「心の体幹トレーニング」をすることで、
人間関係も、人生全般も変えていける、と私は思ってます。