問題を作り出している原因・制限をはずし、心から望む人生にしませんか?
NO IMAGE

結婚を、「自分」ではなく、 「親」や「家系」の価値観で選択したとき。

例えば、
・親が望むような理想の結婚相手
・親が持ってきたお見合いの相手
・名家の跡取り長男・長女なので、それ相応の相手であること
・好きかどうかより、家業をついでくれるかどうか
・養子にきてくれる

などです。

もちろん自分自身もそれを望んでいるのならいいのですが、

私がしたい、
のではなく、
「親や親せきが望むから」
とか、
「それしか選べないから」

と、「私」の感情や選択を後回しにしているケースは
のちのち、辛くなることがあるようです。

結婚というものが、個人同士の関係で済まないところもあるのは事実だと思うので、
自分の好きにできない、という場合も多いと思います。

もちろん、
親が勧める相手と結婚してみたら、
とてもいい関係で満足している方も
いらっしゃるので、
それもありだと思うんです。

ただ、
「親や親戚の求めに応じた結婚だったのに・・・・」
という枕詞をつけてしまう不満を持っているとしたら。

じゃあこのパートナーシップを
どうするのか?
「私」が主体的に取り組んでOKということだと思うんです。

社長の平は

「親のためにした結婚は、自分のために離婚するハメになる」

とよく言っています。

もちろん、
離婚してもしなくてもどっちでもありだと思うのですが、
「親のため」ではなく
「自分のため」に、パートナーシップの問題に
取り組んでみたらいいと思うんです。

「親」「家系」という呪縛から、今からでも逃れて、
新しいレベルのパートナーシップを築けるチャンスだと思います。