問題を作り出している原因・制限をはずし、心から望む人生にしませんか?
NO IMAGE

「思考優先」で感情がわからない場合、どうしたらいいのか?

カウンセリングでは、
感情や感覚に突っ込んだお話をすることが多いですよね?
それがカウンセリングっちゅーもんですが、思考優先で生きてきた方は、

「あなたは頭で考えてますよ。
考えすぎですよ」

ってカウンセラーからツッコミを受けちゃうことがあります。

実は、私がクライアントとしてカウンセリングを受け始めた頃、
しょっちゅう言われて、
超ムカついてました。

私なりに伝えてるのに、考えすぎって・・・(怒)

これ以外にわたしは何を思ってるのかなんてわかんないよー(怒)
って思ってました。

ところが、今現在。
自分がカウンセラーをする側になったらよくわかります。

頭だけで考えているなぁって
わかるんです。

ご質問を差し上げたときに、

どうあるべきか?
論理的に正しいかどうか?
妥当かどうか?

で返ってくることが多いからなんですね。

でも、
今まで思考優先できた方に、
いきなり、「感情」で感じてくださいって言われても
すごく困ると思うんです。
そもそも「感情」ってなんだろう?っていう方もいらっしゃいますし。

なので、まずは

「なんとなく思いついたこと・頭をよぎったこと」

という「感覚」を大事にしたらいいと思います。

なぜそう思いついたのか?は考えなくてもいいです。
考えるとそこから思考の世界に突入するので。

例えば、
テレビドラマで、
彼にフラれてポロポロ涙を流しているシーンを観たとします。

それを見て、自分も一緒にフラれたような悲しい気分になって、泣いちゃう、という「感情」で感じるタイプの人もいます。

「感覚」派の人は、
「この人、フラれて悲しいんだろうな」という感じ方をします。

自分は悲しいって思えなくても、
相手の中に
「悲しみ」の存在を見つけることができています。

これが「感覚」だと思います。

思考優先タイプの方は、
この「感覚」を自覚するだけでOKだと思います。

「なんとなく」を大事にしてみてくださいね。