問題を作り出している原因・制限をはずし、心から望む人生にしませんか?
NO IMAGE

「不安」の下に、まだ本当の感情があったりする

「不安」

これ、もちろん「感情」なのですが、
この下に、
「感情」が隠れている場合があります。

「不安」という「感情」を作り出し、下支えしている「感情」がある、と言った方がいいかもしれません。

例えば、こんな例で考えてみましょうね。

—————————

「彼が浮気をしていないかどうか”不安”で、行動やスマホチェックをしてしまう」

なぜ不安か?

浮気をしてほしくないから~(1)

なぜしてほしくないのか?

私だけを大事にしてほしいから~(2)

なぜ?

彼のことが大好きだから~(3)

————————–

(1)は自覚できても、
(2)(3)まで自覚できなかったり
自覚できても、表現したことがない
という方もいます。

※(2)(3)にあたる感情は人それぞれなので、あくまでも一例。

では、女性が
(2)(3)を表現できないままだと、どうなるのか?

「不安」という感情をそのままぶつけたり
(1)でしかコミュニケーションをしなくなると?

男性は
「俺って信じてもらえないんだ」
と捉え、
実は女性が(2)(3)を思っているなんて
気づきもしない・・・ってことも。

女性が本当に思っている感情を、
「表現しなくても察してほしい」というのは
男性には、難しいことなんだそうですよ~
脳みそが違うから。

なので、(2)(3)を表現していくと
男性にとってわかりやすい女性、となります。
(もちろん、パートナーシップに限らず、人間関係全般に適用できます)

他にも
「恥ずかしい」というフタもあります。

この感情の下にある、隠している感情ってなんでしょう?

何が恥ずかしい?
なぜ恥ずかしい?

自分の心に問いかけていくと、フタの下を見つけやすくなりますよ。