問題を作り出している原因・制限をはずし、心から望む人生にしませんか?

「私と別れて彼がラクになるなら、受け入れてあげるべきなのかなと思います」という状態のとき。

彼から、
「もう二人でやっていくのは難しいかも」
と、終わりをほのめかす発言があった。

もちろん、私は彼と一緒にいたい。
でも、私と別れて彼がラクになるなら、
受け入れて別れてあげるべきなのかな?
これって私、手放そうとしているんですよね?

・・・こういうケースがよくあります。

自分のことより、
パートナーのことを考えてあげる。
すごくやさしい方
だと思うんですよ。

ただ。
この段階で別れて、手放してあげようとする優しい人は、
後々、自分の選択に後悔が伴うことがあります。

「私」の気持ちが取り残されたまま
だから。

おそらく、いつも自分の気持ちは後回しにしてでも、まわりの感情を尊重し、
大事にするやさしい方
なんだと思いますよ。
パートナーのことに限らず、人間関係全般で。

まさに、
2人の関係は
終わりかけ=死にかけの
デッドゾーンなのですが、

普通、こういう状態では、もうできることがないと思って、
死=別れを選ぶカップルはとても多いんです。

でも、ちょっと考えてみてくださいね。


本当にこれで終わりにしていい?
他に何かできることはないかな?
別れること以外に、彼をラクにしてあげることってないのかな?

どうでしょう?

これで終わりにしていい!って思えないなら、
まだ何かやり残していることがあると思います。

それをやってから決めてもいいんじゃないでしょうか?

何が問題?
何をすればいい?
何ができる?
それをやってみる?

やってみて
2人の関係が良くなる可能性があるし、
やっぱりダメな可能性もある。

それはやってみないとわからない。

けれども、やれるだけのことをやったら、
あなたは、確実に以前よりタフになるし、魅力がアップするし、
もし別れることになったとしても、
何もしないよりは後悔が格段に少ない。

「手放し」というのは
やるだけのことをやった人が
感じられる、
ちょっと切ないけれども
なぜかちょっとだけの爽快感もあるような不思議な感覚なんです。