問題を作り出している原因・制限をはずし、心から望む人生にしませんか?

「妊活に積極的になれないときの考え方~あなたの愛に気づいてみませんか?~」

心理学講座で浅野寿和カウンセラーが執筆した記事。
いただいたリクエストについて、女性目線で、私なりのご回答記事をアップさせていただきますね。

(以下、ご相談内容を転載)

=======================================
TVを見ていると、某女性芸人の方がご懐妊というニュースを聞きました。
流産、芸能活動休止、妊活と、大変な思いをされて実った結果。とてもよかったと思います。

ですが、わたし自身(35歳・子なし)は、喜ばしい気持ちと同時に、嫉妬心、嫉妬してしまう自分への自己嫌悪を抱えています。

昔から、子宝は授かりもの といいますが、現在は、子供=お金で造れる のも事実。妊活するかORしないか・・・迷った挙句、現代の生殖医療に自分の心がついていけそうもなく断念・・・・

まだ妊娠できるかもしれないという可能性が自分を小さくしている気がします。
夫婦でも幸せなのに迷ってしまう自分が苦しいです。
どう折り合いをつければいいのでしょうか?
=======================================

(※ご注意~心理学講座は、多くの方がご覧になりますので、どの執筆者も、あらゆる方に共通のテーマとして捉えていただけるよう、ニュートラルな書き方を心掛けています。ここでは、私オリジナルの、で書きますので、偏った視点もあるかもしれません。ご承知おきください)

ご相談者の方を仮にAさん、とお呼びしますね。

Aさんはお子さんが欲しかったけれども、自然に授からず、
医療行為としての妊活を断念されたのですね。

ずいぶんと迷われて、そしてだんなさんと相談し、出された結論だと思います。

一方で、

>まだ妊娠できるかもしれないという可能性が自分を小さくしている気がします。

と書いてくださっていますが、
Aさんの年齢だと、
「まだできるかもしれない」と思うのは、当然な気もします。

医療行為としての妊活は断念されたものの、
自然妊娠への期待はまだ、手放していない、ということではないでしょうか?

妊娠できない原因がどちらにあるのかわからないことも多いそうですが、
もし、自分にあるとして。

そのことで自分を責めているとしたら?

それでもここにいてくれる、だんなさんの愛を受け取れなくなるんですね。

過去にお伺いしたカウンセリングでも、
子供ができないこと、ではなく、
愛を受け取れないことから、だんなさんを遠ざけてしまい、
結果的にパートナーシップがうまくいかなくなっている。

そんなカップルをたくさん見てきました。

ですので、受け取るトレーニングが必要だと思うんです。

授からないことを思い返しては、
一瞬自分を責めるのですが、(そこで踏ん張って、反転させます)

けど、私を受け入れてくれて、ありがとう。

と、だんなさんの愛を受け取り続ける。

自分の中で何度も何度も言い続けたらいいと思いますよ。

そして、その愛を受け取り続けることを
具現化した形の一つとして、
セックスを楽しむ。

セックスは「受け入れること」を知り、体験する行為、ですよね?

もちろん、子供をあきらめきれない方にとっては、
「妊娠」がいつも頭の中にひっかかってセックスに没頭できないかもしれません。

じゃあ、セックスだけを採り上げて、
自分に問いかけてみてください。

そもそも、あなたはセックスを楽しめていますか?
セックスについて、自分の中でタブーにしていることは何かありませんか?

子作り目的を排除してみて、セックスそのものを捉えなおしてみるのもありだと思います。

それから。
ご相談の最後に
「どう折り合いをつけていけば」
とありましたが、
「折り合いをつけること」にフォーカスしない方がいいと思います。
ともすれば、フタをすること、ガマンをすることになりがちなんですよね。

もしこの先。
本当に授からなかったとして。
そして、本当に難しい年齢になったとき。
その事実をどう自分の中で受け入れ、
パートナーであるだんなさんとの間で自然な状態でいられるのか?

そこまでにはプロセスが必要だと思うんです。

焦らない。(でも焦りますよね)

夫婦だけで抱えないことがすごく大事だと思います。

だんなさんとだけ向き合っていると、
自分を責めたくなる方向に思いっきりベクトルを振りますから。
(繰り返しますが、それがだんなさんを遠ざけることになってしまいます)

だんなさんにはきけないけど、男性ってどう思ってるのだろう?ってことがあれば、男性カウンセラーと。
(今回執筆した浅野カウンセラーは男性側の心理をうまく説明してくれるので、ぜひ話してみてくださいね)

女性と分かち合いたいなら、女性カウンセラーと。

誰か、を支えに使ってみてください。

特に、30代後半の女性にとっては、
毎月生理がくる方なら、そのたびに、
「40歳まで生理があと50回・・・49回・・・」
とチャンスをカウントダウンして、辛くなりますしね。。。

抱え込まないでくださいね。