問題を作り出している原因・制限をはずし、心から望む人生にしませんか?

子供が授からず、離婚したご夫婦の話。

もし、結婚の目的が子供をもつことだったとしたら?
それがかなわなかったとしたら?
結婚生活をどうするか?

-----

今日は、昔、友達から聞いたご夫婦の例をご紹介します。

子供好きのカップルが結婚。

ところが奥さまのからだにいろいろあって、なかなか授からない。
不妊治療をしたけどそれでも授からない。

そして、離婚。
2人の関係がうまくいかなくなったんですね。

不妊だけが原因ではなかったのかもしれませんけど。

私は、その当時、この話を聞いたとき、
「ひどいだんなさんだなぁ」
って思いました。
子供ができない女を、男は平気で捨てるんだって。

ところが、ある男性の友人は、

「2人の結婚の目的が、子作りで、それが叶わないなら
契約破棄=離婚は、ありなんじゃないか」

と言いました。
当時の私はびっくりしたのですが、
そういう見方もあるんだなぁと思いました。

今だから思うのですが、
奥さまは、授からない罪悪感よりも
愛からだんなさまを手放したのかもしれません。
その愛に、だんなさまは応えたのかもしれません。

そこは当事者にしかわからないことですよね。

そして、その2年後の年賀状。
だんなさまの方から、
新しい奥様と、授かった赤ちゃんと一緒の家族写真が届きました。
(前の奥さまと別れてからお付き合いした女性と結婚したそうです)

さて、これを見て。

幸せになれてよかったね
欲しいものが手に入ってよかったね

と、思うか?

とっとと自分だけ欲しいものを手に入れてひどい!

と、思うか?

思うところは人それぞれだと思います。

いま、カウンセラー目線で思うのは、
誰がいいとか悪いとかではないんだろうなって。

私たちカウンセラーができることって、
いま、目の前にいらっしゃるお客さまのホントウの幸せってなんだろう?

お客さまが幸せなら周りも幸せになる(幸せの伝播が起きる)

これを信頼することなんだろうなって思っています。