問題を作り出している原因・制限をはずし、心から望む人生にしませんか?
NO IMAGE

「自分を変える」とは、どういうことなのか?

「自分を変えていく」必要に迫られる。
「自分を変えたい」と思っている。

ってありますよね?

で。

「自分を変える」というと、
なにかこう。
「違う別の何か」になってしまうような怖れだったり、
「別モノ」にならなければならないプレッシャーだったり
を感じませんか?

私たちもカウンセリングの中で、
「変えていきましょうね」
とか
「変わりましたね!」
という表現をすることがあります。

確かに、
以前とは異なるので
「変わりましたね」
なのですが、

正確には
「本来のあなたに戻りつつある」
ことが多いんです。

そもそも。
「本来の私」っていう存在があるとして。

「本来の私」らしく生きられない何かがあるんですね。

それは
家庭環境、その方の人生で起きた出来事、社会情勢、
など、さまざまな要因でできる

「ゆがみ」
「思考のクセ」
「価値観」
「判断」
によって、

「本来の私」
から遠い位置にいて、ズレた状態だったり。

「本来の私」
を出さないようにするために。
いろんな殻をかぶったり武装したり。

という状態だと思うのです。

ズレを修正する。
邪魔なものを外していく。

すると「本来の私」に戻れるわけです。

でも、通常は、自分も周りも
「以前のあなた」がベースにあるので、
「変化した」と映るわけです。

私も、いきなりカウンセリング初回の方に
「本来のあなたに戻りましょうね」
って言っても。

なじみがない表現でしょうし、
はー?!
本来の私って?
だと思うので

「変えていきませんか?」
という表現を使わせていただいています。

どうしようかどうしようかと
尻込みして早数カ月~数年の方へ。

別の何か、ではなく、
「本来のあなた」をみつけませんか?