問題を作り出している原因・制限をはずし、心から望む人生にしませんか?

【パートナー・配偶者がいて浮気・不倫中 No.24】国会議員の職を失うまでに至った浮気事件を振り返る。

少し旬(?)が過ぎましたが、
「ゲス不倫」と呼ばれた元・国会議員さんの浮気騒動について。
(実は、もっと前に書いていたのですが、なかなかアップできなくて今日になりました)

彼の不倫。
「パートナーから得られないものがあるから、他で求めた」
という切実な思いの募った不倫よりも、
もっと
「軽さ」を感じませんか?

考えてみると

ルックスも悪くない
学歴もよい
しかも。
国会議員という職

にありながら、なぜ浮気を繰り返していたのか?

ぱっと見た感じはなかなかそうは思えませんが、
彼の深層心理を想像するに。

自分に価値がないと思う
「無価値感」が強そうな感じが見受けられます

その強さたるや。
国会議員になっても、
そして、
同期の中で美人でしっかり者と言われる奥さんと結婚しても
埋まらないほどのものだったのかもしれません。

だから、
いつも自分をチヤホヤしてくれる女性を複数探して追いかけ。
LINEでも何度も何度もメッセージを送る。

結果的には、職を辞め、
「望んだ」イクメン生活を手に入れ。

妻は、毅然とした態度で夫に接し、ケジメまで取らせ。

夫婦の関係は、
圧倒的に奥さんが「勝ち」になってしまいましたよね?

彼は
「負け」ポジションに入ってしまったのです。
そしてやっぱり「無価値」「無力」を感じることになってしまったのです。

これが果たしてこの夫婦が本当に欲しかったものなのでしょうか?

どうしたらよかったのでしょうか?

これ、
男性側が
「自分の価値を受け取ること」
が必要だったと思います。

あのチャラ男風なキャラは一見、自尊心が高そうに見えます。
が、
本当の意味での
自分の価値は受け取れていないし、
自己価値は相当低そうです。

カウンセラー目線で見ると、ですが、
彼が本当の(です。本当の)
自分の弱さ・痛みに向き合い
気づくには、かなり時間のかかるタイプ。
今世で、はたして気づけるのか?
どんな人生を送るのか?すごく気になる方です。