前回からの続きです。

小さいときの満たされない思いが残っている。
それをパートナーからもらおうとして依存的になり、パートナーシップがうまくいかなくなる。
でしたね。

ここが「今」の現実的な問題として起きているわけです。

どうしたらいいのか?

パートナーから、もらおうとするだけじゃなくて、
「自分が自分に与えてあげる」

「大人のあなた」が、「子供時代のあなた」の気持ちを満たしてあげるということ。

すると、パートナーに「かまってちゃん」をやり続けなくてもよくなります。

といっても、子供時代のあなたにはタイムマシンで帰ることはできませんよね。

けど、
実は、あなたの中に小さな子供がいるとして。
その子の声に耳を傾けてあげよう。
その子に寄り添ってあげよう。

この子の存在を、
カウンセリングの現場では
「内なる子供=インナーチャイルド」と言います。

そしてこの存在を借りた癒しの手法を
インナーチャイルドセラピー・インナーチャイルドワーク
と言います。

中には
「自分の中に子供なんている気がしない」
それもすごくわかります。
実際、セラピーをさせていただくと、
人間の形をしていない、ということもよくありますから。

ただ、これは「インナーチャイルド」という姿を借りた
あなた自身の「感情」だと思ってください。

実態がない「感情」という存在を、
ちっちゃいあなたの姿を借りて、つかみやすくする
ということ。

自分の感情を自分で知る。
自分でケアできるようになる。

これがすべての問題の抜け道なんです。


「その悩み」


「そのテーマ」は


あなた自身に





解決できる力があります

オンライン個人セッション

60分=9,000円(税込)

カウンセラー・ヒーラー・

スピリチュアルティーチャー

安田 未稀

得意ジャンルは、浮気・不倫をしている当事者のサポート、自身は裁判まで経験した離婚問題など、「大人の複雑な問題」から、心と身体、ビジネス・キャリアまで幅広い。
セッションの特徴は、「自分で答えを見つけて、自分で動く力」を引き出すこと。
心理学の知識から、スピリチュアルまで様々な知識と領域をフルに活用。

LINE・メールで


個人セッションの






ご予約・お問い合わせ





受付中です!

下記ボタンから登録するか、「友だち検索」画面のID検索で @rcb4366q を入力して検索し、メッセージをお送りください。

友だち追加
メールは、


info★yasudamiki.com


(★=@に変更)