問題を作り出している原因・制限をはずし、心から望む人生にしませんか?

「子供時代を癒す」となぜ今が良くなるのか?(2)~子供時代を追体験してみる~

昨日からの続きです。

今を変えたかったら、過去に満たされなかった思いを満たしてあげましょう。
なぜなら、感情には、過去・現在の区別がないから、です。

例えば、
昔、大失恋をした。
その時に聴きまくった失恋の曲を聴くだけで、失恋の痛みが再現し、涙も出てくる。
10年前の失恋であっても
リアルに感じられるのは、感情には時間軸がないから、なんですよね。

じゃあ。

昨日の例で言うと。

母が仕事で忙しく、話も聞いてくれず、ろくに相手にしてもらえなかった。

その事実は変わりません。

でも。
その当時の母の気持ちってどうだったんだろう?
と想像すると。
自分が大人になって推察できることってありますよね。

「母だって、本当は苦しかったに違いない」
「本当は相手をしてあげたかったけど、余裕がなくてもどかしかったのは母だって同じ」

母がしたことの事実は、変わりません。
が、
「見方」「捉え方」「認識の仕方」が
変わるだけで、ちょっとラクになる可能性はあります。
↑これが「癒し」、だと私は思っています。

あるいは、これは妄想だと言われればそうなのですが。
イメージの世界で。

当時のちっちゃな私に登場してもらい、
当時の母と、
いっしょに話をする、遊ぶ、甘える、など・・・
一通り、望んでいたことを疑似体験する。

いっしょに絵本を読んでもらう、ままごとをしてもらう、とか、
シンプルな遊びが多いと思いますよ。

(ちなみに、今の母と、となると、
絵本やままごとはありえん!ので、
当時の、というのがポイントです。)

この「満たされた感」を、ちっちゃな私に、体験させてあげる

すると。

過去、現在の区別がない感情は、
「私が望んでいることが満たされた」と認識します。

すると。
今、目の前にいるあなたのパートナーに
「かまってちゃん」を必要以上にしなくてもよくなる可能性があります。

これを、イメージの中で体験することを、面談のセラピーでさせていただいています。