問題を作り出している原因・制限をはずし、心から望む人生にしませんか?

「子供時代を癒す」となぜ今が良くなるのか?(1)

昔、
両親との関係や生育環境について言及する記載を読んでは。
「そうだそうだ!」
と思う反面、
ここに原因を追求することに、
嫌悪感のような反発心を持ちました。

実はそれぐらい、両親との関係を癒すのが嫌だったわけですけどね。

ものすごい親に対しての怒りや憤りがあったんです。
子供時代を癒したって取り返しがつかないじゃん、って。

確かに、過去の自分、過去の事実が変わるわけではないんですよ。

例えば、母親が仕事で忙しく、話も聞いてくれず、ろくに相手にしてもらえなかった。
その事実は変わりません。

ただ。
「かまってほしいのに!」ってずっと渇望して、満たされない。
で、感情が止まったままだとしたら?

母からもらえなかったものをもらおうとする代わりに。
(今の母から欲しいってわけじゃないし・・・・)

パートナーがいる方は、母の代わりに
パートナーからもらおう、もらおうとします。
自分が望んでも手に入らなかったものを。

その思いが強すぎると、パートナーに依存的になり、パートナーシップがうまくいかなくなる。
ここが「今」の現実的な問題として起きているわけです。

パートナーから
「重たい女」
「自分でなんとかしてくれ」
「寂しいばっかり言うな!」
と言われていませんか?

「私はあなたのお母さんじゃない!」と言われている男性、いませんか?

あるいは。
いつもパートナーがいないと不安で、
次の人を見つけてから今のパートナーと別れる、とか。
別れた後に、そんなに好きでもないのに、新しい彼を作っては別れるを繰り返すとか。

「今」を変えたかったら、過去に満たされなかった思い。
それを今からでも満たしてあげましょう、
それが満たされたら
「今」を変えられますよ、

ということなんです。

なぜなら
感情には、
過去、現在の区別がないから、
なんです。

また明日も「子供時代を癒す」をテーマに、書きますね!