問題を作り出している原因・制限をはずし、心から望む人生にしませんか?
NO IMAGE

「すみません、ごめんなさい」は、ここでも禁止!

昨日の続きです。

ところが!なのです。

母を病院に連れていき。
担当医に診てもらったら、先生に
「すみません、ごめんなさい」を言うのです。

医者を「権威」としてみているからなのでしょう。

すかさず妹が、
「医者を崇拝したらあかん!」
(※職業が医者の方、お気を悪くなさらないように・・・)

私が
「お医者さんにも、すみません、ごめんなさいは禁止!」

と2人がかりでツッコミを入れました。

医者を権威(崇拝の対象)としてみてしまうと、
どうも何かと遠慮し、しかも「すみません」と、へりくだる傾向があるように感じます。

私が(+ツッコミを入れた妹もでしょうが)思うに、
医者と患者は、病を乗り越えていく上でのパートナー。
対等さが大事だと思うのですよ。

これ、カウンセリングでも同じなんですよね。
カウンセラーの言っていることがわからない、腑に落ちない。
が、どうも言えない。
それは、もったいないです。

何を話してもいいはずのカウンセラー相手にですら。
思っていることが言えず、ガマンしているとしたら。
あなたの古くからあるパターンかもしれません。

例えば相手が親だったり、恋人や配偶者にもだったり、職場の上司だったり。
同じことを繰り返しているのかもしれません。