問題を作り出している原因・制限をはずし、心から望む人生にしませんか?
NO IMAGE

「すみません・ごめんなさい」は禁止にした。

現在、母の介助を、私、父、妹たちでやっています。

夜中に起きてサポートすることもあるのですが、
そのたびに、母は、
「ごめんね」と言うのです。

でも、謝られるような悪いことを母にさせてるつもりはないのになぁ、と変な気分になります。

なので、母には
「お願いだから、ごめんね、すまんね、は言わないでほしい。ありがとう、にしてほしい。その方がうれしい」
と言いました。

元来、受け取りベタな母なので、
ありがとうを言えないのです。
が、ごめんね、の代わりに
「サンキュー」と言い始めました。
照れ隠しでしょうね。

そして、だんだん
「ありがとう」が増えてきて、「ごめんね」は、ほとんど言わなくなりました。

わたし、お客さまにもよくお伝えします。
例えば。
「すみません、お時間をいただいて」とか、
帰り際に
「すみません、では、失礼します」
とご挨拶をされる方に。

「それ、やめましょ」って。

日本語では、接頭語や枕詞みたいになってる、「すみません」。
奥ゆかしさの現れかもしれないけど。
謝るべきところでは使い、
受け取るべきとこで使うのはやめていこうね!
「ありがとう」でいいじゃないですか、って。