問題を作り出している原因・制限をはずし、心から望む人生にしませんか?

「悪かったな」と思うことは素直にごめんなさいを言った方が楽になれる。

どう考えても自分に非があるのに、「ごめんなさい」という言葉が素直に言えないときってありますよね。

それって実は、あまりにも自分が悪いと思っているので言えないのです。

そんなとき、言えない相手に向かって
「ごめんなさい!ってちゃんと謝りなさいよ!(怒)」と言うと、

「うわぁやっぱり責められる。怖い。罰せられる」
と思うので、ますます
「ごめんなさい」を言いません。

あるいは、そういうときに、ありがちなのが

「ごめんなさいっっっ(って言えばいいんでしょ)!!!」

罪悪感を感じたくないがゆえに、更なる抵抗をするので、悪い態度をとるわけです。

もちろん、こんな態度で謝られてもこっちは、まーったく、謝られている気がしません。
むしろ、腹が立って、許してやるもんかー!になります。

関係を良好にしたければ、
罪悪感を超えて「ごめんなさい」を伝えたほうがよさそうです。