問題を作り出している原因・制限をはずし、心から望む人生にしませんか?

「別れなきゃいけないから、別れることにしよう!」は、「手放し」の入口に入ったということ。

「手放し」で、よくいただく質問です。

「別れたくはないけど、別れなきゃいけない状態だと思う。だから、別れることにします。でもこれって、手放し、なんでしょうか?」

前回も書いたのですが、
「手放し」って意外とライトな感覚。

このご質問からは、
踏ん張って「エイヤ!」的に別れようとしているのが伝わってきます。

私は、これを「手放し」の入口に入った!と言うことだと思ってます。

「手放そう」と決める、ことは、重いもの(重い決断)ですよね。
そりゃあ気合を入れなきゃできなかったりします。

でね。
これ、ちょっと気づいていただきたいのですが。

「絶対別れたくない。手放したくない」と思っていたときからは、ずいぶん進んでいると思いませんか?

「手放すことにしよう!」と決める。
ここにたどり着くまでが大変で、険しい道のりだったと思うんですね。

とにかく、ここまでがんばってきた自分を褒めましょ。

この辛く苦しい体験から、何かを学び、
そして手放しの体験をしたら。

これからの人生、何が起きてもどんどん手放し上手になりますよ。