問題を作り出している原因・制限をはずし、心から望む人生にしませんか?
NO IMAGE

彼からのメールがそっけない・LINEのスタンプを使ってくれないからつまんない、って思いませんか?

カウンセラーの男性は、女性性も磨いているので(あるいはもともと高い)
LINEでスタンプもまじえながらメッセージをくれます。

ところが一般の、「いかにも昭和な男たち」(平成生まれにも多々いる)は、
LINEのスタンプにさほど興味がないようで、
かなり意識しない限り、使おうとしない人がいます。

10代~20代のように、物心ついたときから、ネットに囲まれた世代は、昭和世代と違うかもしれませんが、
それでも多くの男性にとって、メールや電話は、
「ザ・必要事項の連絡手段」
なことが多いみたいです。

女性はというと、やりとりそのものや、”場”につながりや、感情の交流を感じるので、頻度とか内容、言葉じりが、すごく気になりますよね?

だから、男性からのメールが少ない、そっけないと、「愛されていない」とまで感じてしまうことも・・・。

でもどうやらそれは「誤解」のようなのです。

男性も、
女性を釣る=ゲットするまでは「努力で」メールをするようです。
メールが、釣竿と餌みたいなもので、道具なのです。

でも釣れたら目的を果たしたので、そもそも無理を重ねていた「ただの雑談メール」が減ってしまいます。

そこを「釣った魚に餌をやらない」と表現されるわけです・・・

昔からこういう例えがあるというのは、元来、男ってそういう生き物だ、ってことかもしれません。

だから男性に、メールやLINEでのコミュニケーションに過大な期待をしてはいけない、ってことなんでしょうね。

男って同じ人間だけど、脳みそが違うって思っておきましょー!

彼の愛情を、頻度とかスタンプの数で測るのは、
女子脳による「ものさし」なので、やめといた方が心安らかに過ごせるかも~