問題を作り出している原因・制限をはずし、心から望む人生にしませんか?

「私はあなたの面倒をみることやワガママきくのが疲れました」離婚

パートナーシップにおいて、
片方が自立の人、片方が依存の人の場合。

どちらかがいつも面倒みる側、どちらかがが面倒みてもらう側になります。

今日は、最近、ご相談として増えている

依存側=夫、自立側=妻

で考えてみますね。

これ、本当にとても増えているのです。
女性が結婚後も仕事を続けるようになったせいかもしれませんし、
女性がガマンをしない時代になったせいかもしれません。

さて。
この夫婦に、ホントに「依存」の存在が登場。
子供が生まれたときです。

妻は、もちろん必死に育てます。

そして。
子供が赤ちゃんから幼児になり
保育園児にぐらいになり、
大人になりーで・・・

子供は成長していく!

そしてもう一人子供が生まれたりして、また必死になって育てて、成長する!

ところが。

私の夫はどうよ?
成長していない!!!

ここで思うわけです。

いっこうに成長しない「依存のまま」でいる存在を、これ以上、相手にするのか?

嫌だー!!!
私だって甘える場所が欲しい。
かわいがってくれる人が欲しい。

そこに職場の頼れる年上上司だったり
自分より若いけどよしよししてくれるかわいい男がいて、
浮気・不倫関係になったり。

あるいは、いきなり、「離婚する!」に突っ走ることも。

こうなるとなかなか大変です。

こういうとき夫はどうしたらいいのか?

まず。
妻の気持ちを理解してあげてください。

あなたが思っている以上に、妻はあなたの面倒をみてきたのです。

もう自由にさせてほしい、あなたの面倒をみたくないのです、
と言っています。

あなたはいつも妻にあなたのケアをしてもらってきましたよね?
今度はあなたが妻のために何ができますか?