問題を作り出している原因・制限をはずし、心から望む人生にしませんか?

異動者の感じる気づき・違和感は組織をレベルアップさせるためのものかも。

いつも男女関係のネタばっかりだけど、たまにはマジメに仕事の人間関係について書いてみようと思います。

この春、人事異動で、転属になった方も多いでしょう。

ちょうど2か月を終えて、
新しい職場にも慣れてきた反面、
いろんな気づき・不満や違和感を持つことがあると思います。
その部署では当たり前になっていることに対して、「?」と思うことも。

・こんなこと思う私がおかしいのかな?
・指摘していいのかな?
・指摘して、同僚たちとうまくいかなかったらどうしよう?
・新参者が生意気に!とか。

そういう思いに駆られると思いますが。

そもそも、「??」と思う人を輩出するのが、人事異動の狙いであり、効果でもあるんだと思うんですが、どうするか?

●ガマンする

という道もあるし、

●指摘する

という道もあります。

どちらの選択もありだと思うのですが、もし後者の方を選ぶ場合。

みんなが踏襲してきた、
今までのやり方をいったん受容し、認めてあげる、というワンクッションが大事かも。

中には、それが当然だと思っていた人もいるし、嫌でもガマンしてやってきた人もいる。
あなたから見たら超バカバカしいとか、理不尽なことでも、同僚たちはやってきたんですよね。

それを頭ごなしに否定されると、おもしろくないし、あなたがの指摘がもっともだとしても反発したくなる。

敬意を表して、いったん受け入れ、その上で。

・こうしたらもっとうまくいく可能性がありませんか?
・こうしたらもっとみんなの努力が認められませんか?

と、お客さんや所属する組織全体のためを思う提言なら、耳も傾けてもらいやすくなると思うんですよ。

「気づいたあなた」の視点やセンス。
それは才能なんだと思います。
それを発揮できるチャンスがきているということだと思いますよ。

★本日のポイント
あなたの気づきをどう使うかはあなた次第。