浮気・不倫された

浮気されて辛いのは、誰のものでもなく「私の」感情。

浮気した方、された方、どっちが辛いか?というと、普通、された方ですよね。

だからこの時点で、

浮気した方=悪
浮気された方=正

となり、正悪の争いになります。

で、正しさ(悪さ)具合を追及した先に何かあるか?というと、これが残念ながら、疲弊しかないんですよね。

なので、こんなにお互いにクタクタになってしまうなら、もう別れようかという話になってしまいます。

じゃあそこでちょっと立ち止まって考えてみましょう。

もし、本当に、浮気した・されたの話で、もう二人は終わらせていいと思うなら、こんなバトルはしてないと思うのです。
どこかで、この先も一緒にやっていきたい。お互いが好き。だからこそ
浮気事件をなんとか処理していきたいから、必死に感情のバトルをしているのではないでしょうか?

正しい、正しくない(悪い)を手放していくこと。
ここが抜け道なんです。

そのためには。
浮気した方、された方、両方とも
助けが必要なのです。
ぜひカウンセラーをあてにしてくださいね。

それから、、自分の感情に自分で責任を持つ、というスタンスがいいですよ
というお話です。
これ。
「私は全然悪くないのに!」と思うような場面でも使えるんです。例えば。

夫が浮気した。(キーッ!)
私は彼をまったく信じられなくなった。
ショックを受けた気持ち、信じられなくなった気持ちを
夫自身になんとかしろ!とぶつけてしまう。

そりゃ浮気されたら辛いです。わかります。

でも。

辛いのは「私の」感情。
他の誰のものでもありません。

「私の」感情をどうするか?は「私の」責任。

そう思えると、そこで初めて。

私はどうしよう?
私はどうしたいんだろう?

と、
自分の問題として捉えることで、
浮気した夫へただただ怒りをぶつけることから
少し変化が起きます。

自分の足でしっかり立って、歩けるようになります。

ただ。
自分1人で立ち上がるのは大変。
そんな力もない。

そんなとき、あなたを支えて
杖がわりに立たせてくれる人に頼っていいんだと思います。

それがカウンセラーのお役目かなって思ってます。

-浮気・不倫された
-,