問題を作り出している原因・制限をはずし、心から望む人生にしませんか?

【浮気された・不倫された No.7】浮気されて辛いのは、誰のものでもなく「私の」感情。

先日、この記事を書きました。

「あなたを心配している」という気持ちの処理を、当の相手にお願いしていないだろうか?

記事は→こちら

これ、自分の感情に自分で責任を持つ、というスタンスがいいですよ
というお話です。
これ。
「私は全然悪くないのに!」と思うような場面でも使えるんです。

例えば。

夫が浮気した。(キーッ!)
私は彼をまったく信じられなくなった。
ショックを受けた気持ち、信じられなくなった気持ちを
夫自身になんとかしろ!とぶつけてしまう。

そりゃ浮気されたら辛いです。わかります。

でも。

辛いのは「私の」感情。
他の誰のものでもありません。

「私の」感情をどうするか?は「私の」責任。

そう思えると、そこで初めて。

私はどうしよう?
私はどうしたいんだろう?

と、
自分の問題として捉えることで、
浮気した夫へただただ怒りをぶつけることから
少し変化が起きます。

自分の足でしっかり立って、歩けるようになります。

ただ。
自分1人で立ち上がるのは大変。
そんな力もない。

そんなとき、あなたを支えて
杖がわりに立たせてくれる人に頼っていいんだと思います。

それがカウンセラーのお役目かなって思ってます。