問題を作り出している原因・制限をはずし、心から望む人生にしませんか?

だから部下はあなたに褒められたい~リーダー・管理職の女性の方へ~

別に上司が男性・女性であっても、なんですけどね。

上司-部下の関係は、親-子の関係が再現されやすい関係です。

部下から見たときの上司は、子から見たときの親を投影しやすくなります。

親から褒められてうれしくない子供はいないように、あなたから褒められてうれしくない部下はいません。

中には、不出来で、イライラくる部下を抱えている方もいらっしゃるでしょう。

でも、そんな部下でも、あなたに褒められてうれしくないことはありません。

ポイントは、褒めるとき、上司としての威厳(権威)を使って、褒めてあげてください。
エラそうにするとか、虚勢を張るとか、威張り散らすという意味ではありません。

「褒める私に自信を持って、堂々と、」ですね。

ええっ、こんな私が堂々とするなんて!

堂々としていいのです。
だってあなたはそれだけの器がある人だから。

だからリーダー・管理職を任せられているんだと思いますよ。

「褒めるなんてうまくできないなぁ」というあなた。

あなたが褒められたことがないのかもしれません。

だとしたら、あなたの中にいる、褒められなかったと悔しく、悲しがっている女の子(インナーチャイルド)がいるのかもしれません。
褒められたことないのに、なんで褒めなきゃいけないの!って。

だったら、その子を褒めてあげることからスタートしてもいいんです。
インナーチャイルドセラピーで体感してあげると、日常的に自分でもできるきっかけになりますよ。