問題を作り出している原因・制限をはずし、心から望む人生にしませんか?

「自立」を手放すのは本当に難しいこと~病気になってもなお手放せないということ~

1月初旬の病気によるお休みでは、
大変多くのお客さまにご迷惑をおかけしました。

年末年始に病院に行ったのですが、普通の
風邪扱い。
インフルエンザ検査しても違う。

しかし!
突然動けなくなり、
別の病院にて、先生のインスピレーションで
ようやく病名が確定しました。
(※子供に多い病気なので、恥ずかしいからナイショ)

通院で、毎日、点滴と薬にしましょう

ということになったのです。

でも。
通うのもやっと。
フラフラで、ごはんや身の回りの世話もやっとで。

と、6日目にして限界を感じて、
看護師の友達にぼやいたら。

「通院が辛い、と医者に言って入院させてもらえばよかったじゃん」

そうだ。
そうすればきっと入院対応してくれたに違いない!

心理学を学び、
自立の方がお客さまには、
さんざん

「人を頼っていいんですよ!」
「弱さを見せていいんです」
「甘えていいんですよ~」

と、連呼しながら。

あたしなんか、
患者になってもなお弱音を吐かない、お願いをしない。
無理なものは無理と言えない。

これってどうよ?!わたし。

大反省。

どこまでも「自立」=自分でなんとかがんばろうとする

これ、何度となく、
そしてかなり、修正してきたつもりなんだけどなぁ。

お客さまからは、
大変でしたね!とご心配の言葉を頂戴して、
実は・・こんな病気でとお話すると、
「それでよく入院せずに済みましたね?」
と、いっしょに笑っていただいています。
ありがたいです。

自分が限界なのに、私みたいに
まだがんばろうとしてませんか?
無理なものを無理と言えていますか?

(と、自分のことはさておき、お伝えする仕事を
させていただいている、と申し添えさせていただきます)