問題を作り出している原因・制限をはずし、心から望む人生にしませんか?

離婚カウンセリング:夫が妻と別れたいと思ったら。

私が離婚経験者ということもあり、

離婚を考えておられる方のご相談もとても多いです。

今日は、夫側が、離婚を検討している場合について
書かせていただきます。

お子さんもいらっしゃる場合、それでも
離婚したいという場合。

とても勇気がいることだと思います。
妻子を捨てる(ような)罪悪感。
でも、もう今の関係が嫌だ・・・

時には、ご相談をいただく時点で、すでに、妻へ離婚を切り出しているケースもあります。

でも、本当に離婚に向けて粛々と進めたいなら、
たぶんカウンセリングを受けようと思われないと思うんです。

本当に離婚に向けてGOしていいのか?

修復に向けてできることは残ってないのか?

そこが気になるからだと思います。

中には、妻への不満がいっぱいで、打つ手がないと思っていることもあります。
ところが、妻は妻なりに、いろんな言葉や態度で夫にメッセージを伝えているのですが
残念ながら、夫には伝わってないことが多いのです。

だから、夫側は、
妻との意思疎通が難しい、

性格の不一致、

やっていけない、離婚するしかない、となります。

中には、離婚したくないのに、離婚してもいいよ!と言っている
妻の言葉をそのまま鵜呑みにしていることもあります。

実は、本心は離婚したくないとことも多いのです。

けど、男性からはまったくわからないですよね。

だんな様側が、カウンセリングにきていただいたら
私がさせていただいていること。

◆お二人のご夫婦としての歴史、生育環境などをお聞きします。
~お二人の現状が、家庭環境や過去の恋愛経験に
起因していることがあります。

◆お二人のどこに課題があるのかを明確にします。
~特に、女性の気持ちについては、解釈を加えて、男性であるだんな様に
理解できるように伝えます。奥様の言い分や気持ちを理解できていないことはとてもたくさんあります。

◆離婚の結論を少し保留にしててでも、修復に向けてがんばりたいかどうか。
~方向性を決めましょう。決められないならそれでもOK。

◆修復に向けてがんばりたいなら、挑戦できることからスタート。
~ご自身の課題に挑戦していただきます。親との関係から起因する問題、過去に恋愛体験に
起因する問題をクリアしていきましょう。ここにかかる時間は人それぞれ。
ただ、最大限にスピーディーに進められるよう、最善を尽くします。

時には、奥様も一緒に、あるいは奥様だけで、カウンセリングにきていただくことも
お願いすることがあります。
今の状態から、コレをしてみましょう!とやってみた結果で、次を考えていきます。
(プロセスを大事にしていきます)

そして、めでたく修復!

◆離婚の危機を脱したら、さらにいい関係を創っていきましょう
~ここからはさらに2人が仲良くなり、幸せになるためのサポートです!

◆やるだけをやっても、なお離婚の意思が固いなら、お二人の関係性を総括するカウンセリングをします。
~未消化の課題は、次のパートナーとの間で、それもあっという間に課題としてやってきます。
今の奥様ともコミュニケーションをとったうえで、離婚をおすすめします。

↑ここをしっかりやらないと、もし奥様側が離婚したくないと思っている場合、
モメる可能性があります。

調停や裁判などになると、長期にわたって時間・労力・費用がかかり、
お互いに、消耗していきますし、
次の人生のスタートが遅れるだけです。

普通なら、ここで離婚カウンセリングは終わるのですが・・・・

私の場合は、そこで終わりではありません。

せっかくここまでやってきたあなたに、
カウンセラー&コンサルタントとして、
あなたの人生に迷いや悩みが生じたとき、
あなたが幸せな道を歩めるよう、
継続してサポートさせていただきます。

ダメもとで構いません。
この局面で、ベストを尽くす。
そのお手伝いをお任せくださいね。