問題を作り出している原因・制限をはずし、心から望む人生にしませんか?

【浮気された・不倫された No.1】「浮気しているかどうか不安で、パートナーのスマホチェック・LINE盗み見」をお勧めしないワケ

例えばですけど。

いつも仕事から定時に帰るだんな様が、
深夜になってもなかなか帰らない!

ダンナは、どうしたんだろう?と心配になります。
事故にでもあったのではないだろうか?
も、もしかして・・・

うちのダンナに限って
う、うわき??

なーんて思っても、翌朝、
「あれ?友達の送別会って行ってなかったっけ?
ごめんごめん、うっかりしてた!」
の一言で済んでるうちは、浮気疑惑は一瞬で消えます。

どこかで互いに信頼があるんですよね。

ところが、そうでもなく、
どうやら、仕事でたびたび遅くなる。
出張だとかで、どうも前より違う行動が多い!
におう、怪しい。浮気してそうで不安
ってときのことです。

この「不安」という「感情」だけに着目すると、なんですけどね、
この、
「不安」の感情がゼロになるのは「浮気が事実である」時だけ
なんです。
おかしな話に思えるでyそうが・・・

相手の携帯・スマホメール・LINEなどのSNSメールチェックや
カバンやポケットの中をチェックしちゃうのは
不安を消したくて、なんですよね。

浮気をしていない!という証を探したくてやるんですが、
見つからなければ見つからないで、
おかしい!うまいこと隠してる!
とやっぱり思いますし。

まぁ普通、チェックしまくりは、やっちゃいますけどね・・・
私もさんざんやりましたから、気持ちはわかります。

が、事実を知ってしまったときにどうするのか?
準備ができていないことが多いように思います。

そこに浮気の事実があったとしても、それはけしてあなたが見つけたかった事実ではないはず。
不安は消えたけど、憎しみ・恨み・嫌悪感など次々にやってきます。

しかも、スマホチェックがバレたときに、
更に相手が頑なになったり、
逆上する可能性もあります。
「信じてないのか!」と。
(怪しいから信じられるわけないだろ、だからやってるんだよ、と言いたくなりますが・・・)

もし、そこに怪しい内容があったとき。
あなた自身がその内容に感情が揺れ動き、
パートナーを責めたり、イライラをぶつけたりしかねません。

加えて、「人のものを盗み見する」という罪悪感を重ねます。
ただでさえ、「浮気されたかも?」不安で、苦しく辛いところに、
自分を責める、という感情まで背負い込みます。

それはあなた自身がかわいそうすぎますよね・・・

それに、本当に浮気する人は別の手段を使ってでも相手と連絡を取るんですよ・・・それも必死に!

なので、カウンセラーはみんな、

「あなたが本当にパートナーと修復してうまくいきたいと思っているなら、メールチェック・カバンチェックはしないほうがいいですよ。
むしろ妨げになることがあります。
あなた自身のために、やらないほうがいいですよ」

と言うことが多いです。

浮気の証拠をつかんで、慰謝料とって離婚したい、とかなら、話は別でしょうけど。