問題を作り出している原因・制限をはずし、心から望む人生にしませんか?

【パートナー・配偶者がいて浮気・不倫中 No.13】「本当のことを教えてほしい」と言われて、浮気を告白するのとしないのと、どっちがいいのか?

昨日の続きです。

もし、パートナーに浮気を告白してしまったら。
パートナーはどんな気持ちになるのでしょうか?

疑心暗鬼で過ごさなくてもよくなったことには、ホッとします。
でも。
違う感情が次から次へとやってきます。
裏切った相手への憎しみ。恨み。嫌悪感。
信じようとしても、信じられないことへの葛藤。

などなど、とても苦しい感情にさいなまされます。

浮気した側がどれだけ、
「もう二度としないから!」と言ったところで、
「また浮気をするんじゃないか?」という不安感と不信感を持つでしょう。

一方、浮気を告白しない場合はどうなんでしょうか?

「浮気しているかも?」不安を解消してあげることは
なかなかできないかもしれません。
が、
「それ以上、苦しい感情を与えない」
とも言えます。

となると。
どっちがより相手に嫌な感情を背負わせずにすむか?
で、考えると、「告白しない」方になると思いませんか?

そのためには。
浮気していることを隠しているのでもなく、嘘をついてごまかしているのではなく、
「言わない、という選択をしている」
と思ってみたらどうでしょうか?

嫌な感情を背負わせたくない、傷つけたくない。

そこには、パートナーへの「思い」がある、わけです。

罪悪感より愛(ってたいそうなものでなくても、気づかいとか)を
選択する、というのはこういうことなんだと思います。

もし、すでに浮気を告白しちゃっているなら。
それでもあなたがパートナーと真剣にやっていきたいなら。
本腰を入れて修復に向けてがんばる必要がありますよね!
目の前でパートナーは、浮気の事実に苦しんでいるのですから。

(つづく)