問題を作り出している原因・制限をはずし、心から望む人生にしませんか?

お客様からのご質問「信頼できない彼からも、受け取るべきですか?」(その2)

昨日の続きです。

質問者さんは、

>でも、そうなったのは今に始まった事ではなく、幼少期の家庭環境が
>影響していると思い、彼のせいだけではない、と思うので、
>彼を尊重し、受け取りたいと強く思っているのですが、

家庭環境から影響している可能性もあるでしょうね。
彼を受け入れ、見守ろうとしている質問者さんはとてもすばらしいと思います。
なかなかできないことだと思いますよ~。

そうはいっても、浮気を続けている、という事実の前に、くじけてしまいますよね。

信頼できなくても、受け取れるものだけ受け取っておこうという
「したたかな受け取り」っていうのもありだと思うんです。

「彼個人はなかなか信頼できないが、それでも受け取れるものがあるとしたら?」
と考えてみます。

ただ、これをしようとすると、ちょっとタフになっておく必要があるかと思います。
彼の前で「うれしいわ~ありがとう」なーんて満面の笑みで言っておきながら
内心、ほくそ笑むという狡猾さも。
あるいは、頭のネジを3本ほど外しておくぐらいの、いい意味で「抜け」加減が必要かもしれません。
普通なら、浮気した彼からの愛情表現を喜ぶことなんて、なかなかできないので・・・・

浮気常習者の旦那様に、すっかりタフになられた奥様が、浮気発覚のたびに
ブランド物のバッグが増える、という話を聞いたことがありますが
こういう受け取り方をなさる達人なのでしょうね。
(こうなってください、と言っているのではなく、こういう道もあります、ということです)

私個人はですが、信じたくないと思っているものを無理に信じようとは思いません。

信じたくはないけど、信じたことにしてしまおう!
と思えて楽になるならそれもあり。

信じよう!と、頑張るのを手放そう!
というのもあり。

そして、「彼から与えられるものを受け取ろう!」ではなく、
「自分の偉大さを受け取る」という道もあると思います。

彼は信じられないけど、それでも彼を好きだ!と思う私ってマニアだけど、すごいよね?
あんな彼でも、受け入れようとする私って、エラいよね?
彼の言葉、嬉しそうに受け取る(ふりしている)私って、相当なツワモノよね?

って。
現にすごい!のですから。

(続く)