問題を作り出している原因・制限をはずし、心から望む人生にしませんか?

「手放し」には「承認と受け取り」が必要

先週の土日は、私が卒業した、カウンセラー養成スクールである神戸メンタルサービスの
ヒーリングワークショップに参加してきました。

スクールをはるか遠い昔に大阪で卒業している私は、名古屋での参加は初めてでした。

毎回、ワークショップは、ずっと一つのテーマが脈々と流れていて、
今回は9月ということもあり「手放し」がテーマだったように感じました。
(「9」という数字は、「手放し」を意味します。)

名古屋地区というのは、根本・原・池尾・浅野カウンセラーはじめ、
関わった人が、一から地道に暖かく作り上げてきた場所です。
どんなビジネスでも同じですが、立ち上げって本当に大変なんですよね。

それで思い出したのですが、
昔、サラリーマン時代に、子会社の立ち上げメンバーになった時のこと。
何をするにしても手さぐりだし、想定外のことも起きるし。
大変でしたが、作り上げていく喜びがありました。
そして、ある程度できあがった段階で、いったん、今までのやり方を手放す時期がきました。
それは、もっと売上を伸ばし、規模を大きくしても耐えうる組織にするために。
次のステージに行くため、のレベルアップなのです。

ただ、手放す前に大事なのは、今まで自分がやってきたことを認めて、受け取ってあげること
なんです。
いいこと・できたことも、悪いこと・できなかったことも。
そうじゃないと、自分を否定したり、大事にしてきたものを壊される気分になったり、
無意味感に襲われて、手放しができなくなっちゃうのです。

これ、例えば、パートナーとお別れしちゃったときの手放しも一緒です。

別れることになったけど、わたしって、精一杯やったよね。
がんばったよね。
でも頑張り方をちょっと間違えちゃったかもねー。
あ、やり方を知らなかっただけなんだよね。
けど、そのおかげで学んだことあるよね。
彼にたくさん楽しい思い出作ってもらえたよね。
私って、彼との別れがこんなにショックだったぐらい、彼のこと大好きだったよね。
人をこんなに好きになれる私って、いいよね。

って、自分を全部受け入れて承認してあげる。

すると、手放しができます。
そして次の恋に進めます。

同様に、今回の名古屋ヒーリングワークショップは、みんなが次のステージに行くために、
自己承認し、手放しをするプロセスだったと思いました。

私は、この名古屋に、大阪からふら~っとやってきて、
自由気ままに好きにさせてもらってます。
それもこれも、立ち上げ期に尽力したメンバーがいるから。
同じ仲間ながら、彼らに心から敬意を表したいと思います。
そして彼らも、また後輩たちもみな新しいステージに向かう時期のようです。
みんながこれからどう変化していくのか?私も楽しみです。