問題を作り出している原因・制限をはずし、心から望む人生にしませんか?

「ガチャピンとムックの似顔絵へったくそ」発言の続き

前回の続きです。

大人目線ではもちろん、みんなの前で、

ガチャピンムックの似顔絵、へったくそぉ~」
と言わない方がいいのはわかります。

たとえ「へったくそ~」思ったしても、家(ウチ)でテレビを見ているのとは違い、
「ソト」では言わない方がいいことがある。
それが「社会性」というものだ、というのはオトナ目線ではわかります。

でも。
パブリックビューイングでワールドカップの試合中継を観ながら、
「入れろよ!!へったくそやなぁーっ!!」
と叫んだあの大人たちと何が違うのでしょうか?

ワールドカップ代表の選手と同じぐらい、自分がサッカーが
うまくなければ、何も言っちゃいけないのでしょうか?

なぜ、ダメなのか?という子供の素直な疑問に
私たち大人は、子供にわかるような説明ができない
ことって多いんですよね。
というわけで、私も実はなんと言えばいいのか、答え見つからず、です。
というか、指導しないといけないことなのか?も、よくわかりません。

そこは、教師の方や、子育て経験のある方々に
ご教示いただきたいぐらいです。

自分ですら、どうすべきか?わからないので、
当時の先生を許せた、んですけどね。
先生も困ったガキだ!と思っただろうなって

それより問題なのは。
もちろん「ガチャピンムック事件」が原因のすべてではありませんが、

「自分が人より特別できなくていないと、何も言う資格がない」

という間違った(不要な)思い込みが残ってしまったことです。

なんでも人より特別できるなんて無理なのに、です。
その思い込みが、行動に制限を与えているとしたら?
あるいは、いつもハードワークをしたり、無理をしてやりたくないことを
やってきたりしているとしたら?
それはとてもしんどい・・・・です。

こんな風に、間違った思い込みができてしまったルーツらしきものを
探していったとき。
この「体験」で、傷ついたり、怒っている、子供(インナーチャイルド)を見つけて
ルーツを癒すこと。
すると、「今」のあなたの行動パターンを楽にする、ということが可能だと思います。

ところで、この
「へったくそ~」発言が、これほどまでに先生の反応を呼び、
今も私の記憶に残ることになったのでしょうか?

(続く)