問題を作り出している原因・制限をはずし、心から望む人生にしませんか?

「自分を否定された」という、最初の体験を思い出せるとしたら?

先日、受けてきたセミナーで、話の流れから、
こんな質問をされたんですね。

「自分を否定された」という、最初の体験を思い出せるとしたら?

で、こんなのは、思い出せない!と決めてかかると出てこないので、
思い出せるはず、と思うと出てきます。

そこで私が思い出したのが。
幼稚園の時、教室で、すみれ組のみんなと
「ひらけポンキッキ!」を観ていたときのこと。

番組の最後に、全国の子供たちが応募した、
ガチャピンムックの似顔絵が、
描いた園児の名前入りで紹介されていました。
当たり前なのですが、幼稚園児が描いたものなので、へたくそなんですね。

みどりのマリモみたいなまるがぐちゃぐちゃ~
赤色の毛糸ぐちゃぐちゃみたいなのに
目が点々・・・みたいな。

それを観た、私は思わず
「へったくそー」
と、でかい声で言ってしまったのです。

ちなみに私は、おえかきが得意でもないし
センスもないので、自分ではきれいに描けないんですけどね。

私の一言を聞いた先生がみんなの前で、
なんて言ったかというと・・・

「そんなこと言って、みきちゃんは、あの子たちより、うまく描けるの?」

と、質問してきました。

「できないよ」

と、答えたら、

「じゃあそういうこと言うもんじゃないよ」

と、言われたのです。

 

意味わからん。
そんな指導の仕方って何さ?

と思いました。
(※表現は、大人目線の文言になってますが、感情としてはこんな感じです)

その上、更に、この先生にムカつくことが発生。

「れんらくちょう」で私の母親に報告していました。
ひらがなは、ちらほら読めていたので、内容がほぼわかったんですが、

「みんなの前で、へたくそと言いました。
人の心を思いやる子になってほしいと思います。」

母親にチクりやがった!

これで更に、疑問と怒りがスーパーマックスになったんですね。

目の前にいる友達の絵をへたくそと言ったわけではありません。
テレビに映った絵をへたくそと言っただけなのです。
なのに、どうして、へたくそをへたくそと言ってはいけないのか?
自分がうまく描けないなら、へたくそと言ってはいけないのか?
おまけになぜ母親にチクられないといけないのか?

わから~~ん!!!

この疑問はずっと消化されず、
理不尽に感じた指導と、母親への告げ口に対する怒りは
ずっーと残っていたんですね!!
(それがいちばんビックリ!でしたけど・・・)

さて、みなさんが、もしこの先生の立場なら、
この傍若無人な幼児の一言に
どう指導をしますか?
それとも何も言いませんか?

(続く)