問題を作り出している原因・制限をはずし、心から望む人生にしませんか?

不安な感情だって、愛情表現に変えられる~「パートナーの『元パートナー』の存在が気になるとき。」の続き

昨日の続きです。

すごーく元カノが気になっていて不安で、疑心暗鬼なとき。
怪しいところはなさそうなのに、もう切れてる元カノとの関係を疑って妄想無限大になったり。
でも、彼との関係を不安に思ってるなんて彼には言えないし・・・・

それに。本当に伝えたいことは、
誰よりも私を愛してほしい
愛されていると幸せ!

でも、これを悲壮感いっぱいの顔や、ねっとりモードで伝えると・・・
うんざりされる可能性大です。
なので明るくキュートに、セクシーに(男性ならワイルドに、セクシーに)
がいいと思います。

それに、「愛されたいだけの塊」になっちゃうと、
「ちょうだい!」って言い続ける子供みたいになっちゃいます。
あなたは、「愛されたい」のと同じぐらい、「愛したい」「愛している」はず。
それも伝えられれば「ちょうだい!」だけじゃなくなりますよね。

ただ。感情を感じることや、感情表現が苦手な彼相手だと、
望みどおりの反応は返ってこないかもしれません。
かといって、そこで逆上すると、更なる空回りが待っていますので、やり過ごしがいいと思いますけどね。

元カノの存在が気になって不安になる感情だって、二人の関係をディープにする起爆剤にだってなりえます。
だから、自分がネガティブな感情を持っている、ってことに自己嫌悪しないでくださいね。

ネガの下には、自分の本心が隠れています。
そしてその感情が変容をもたらすきっかけになったりします。

なので、感情を否定しない、受け入れる、眺めるのは
とっても大事だと思います。