問題を作り出している原因・制限をはずし、心から望む人生にしませんか?

その子の手を、あなただけは絶対に離さない!~インナーチャイルドとつながるということ~

ここ最近、お客さまとも、友達との話題でも、とっても多いのが
「インナーチャイルドとつながろう」
です。

こういう感覚ってありませんか?

・自分の本心がわからない
・自分で何がしたいかわからないので決められない
・自分で決めたような気がしない
・自分が自分でないような気がする
・はたから見ると、自分の好きなように生きてきたように見えるけど、実はそうでもない選択をしてきた
・誰かの目だったり、社会の目だったり、自分以外の何かの意志に翻弄されてきた。

こういう方は、本心を知っているインナーチャイルドつながるの、とっても大事です。

あと、こんなことありませんか?

・なんで私ってこんなに何をやってもダメなんだろう
・周りの期待にこたえられなくて失敗ばっかりでつらい
・みんな私のことをちゃんとわかってくれない
・周りは褒めてくれるけど、ぜんぜん自分ではそうは思えない

って思っているとき。

実は、あなたは、同時に自分の中のインナーチャイルドに向かって

・ダメダメダメ!
・バカバカバカ!
・ちゃんとしなさい!
・期待にこたえなさい!
・あなたが悪い!
・なんで自分の価値を受け取らないの!

と、大人のあなたが責めています。

そんなときは。

・そうだよね、何をやってもうまくいかないってつらいよね。
・そうやって責めてきたよね。
・周りの期待が重荷だったよね。
・私だけはあなたをわかってるよ
・今は何もしたくないんだよね
・周りの人間が大嫌いだよね
・褒めてもらってもそう思えないもんね

と、徹底して、内なる子供の声に寄り添ってあげてください。

「その子(=インナーチャイルド)の手を、あなただけは絶対に離さない」

すごーくすごーく大事です。

一説によると、インナーチャイルドはお腹にいるとか。
確かに、日本語には「腹が立つ」のように、「腹(ハラ)」を使った感情にまつわる慣用句が多いんですが、
感情が腹にあるとしたら。
本来、自由に感情を感じて表現する存在、インナーチャイルドはやっぱりお腹にいるのかも。
あなたのお腹にいる子と対話してみてください。

インナーチャイルドにつながる感覚がいまいちわからないという方は
インナーチャイルドに登場していただくセラピーを受けていただくと
わかるようになると思います。
アクセスの回路が開くので、
面談カウンセリングでぜひ体験してみてくださいね。