問題を作り出している原因・制限をはずし、心から望む人生にしませんか?

【パートナー・配偶者がいて浮気・不倫中 No.3】浮気・不倫してることは、「ひとさまには言えない」から、カウンセリングで話した方がいい

浮気された・不倫された側は、「ちょっと聞いて~!!!」と、友達に話ができます。というか友達に受け止めてもらえないと辛すぎます。

ところが、浮気している側・不倫している側(特に自分も既婚者の場合)は、浮気相手と何かあっても、なかなか人に言えません。
だって「悪いことをしているのは私だから」「ひとさまに言えることじゃないから」

誰にも言えず、いろんな感情でいっぱいいっぱいになります。
もともと浮気・不倫自体が、情緒的な行動なので、感情優先になります。
(浮気や不倫はいけないものだという観念を超えて、やっていることなので・・・)
だから相手との間で、イライラ・怒り・切ない・苦しい・・・・・いろんな感情がどんどん湧きます。
ところが他の誰にも言えないから、ぜーんぶ相手にぶつけるしかなくなります。

そうなると、当然、相手との間でモメ事がしょっちゅう起きたり、激しくケンカしたり。
結果として、浮気・不倫相手との関係がうまくいかなくなったりします。

だから、私は、浮気・不倫をしている側の人ほど、他で言えないからこそ、カウンセリングで話をしたほうがいいと思っています。

1人で抱えて辛いとき、浮気・不倫をモチーフにしたドラマ・映画・歌で、感情移入して泣く・・・こともあると思います。
EXILEの「Ti Amo」なんて、不倫をしている独身女性側の感情を、うまく表現している歌だなと思っちゃいます。
セルフケアはとても大事なんですが、残念ながら、ドラマ・映画・歌・・・もちろんTAKAHIROとATSUSHIも、あなたとは対話してくれません。

人の倫(みち)に反した悪いことをしてるから、カウンセリングを受けることもおかしい・・・・と思ってるとしたらそれは違います。
いけないとわかっていてもなお、あなたが魅力を感じたその相手との関係について、お話を聞かせてくださいね。