浮気・不倫中

浮気・不倫している私は、夫・彼とのセックスができません

夫や彼とセックスがしたくない理由

男性の場合は、浮気・不倫していても、妻・彼女とは変わらずセックスするという方もいます。
女性の場合、ライトな遊び感覚の浮気なら、可能なんでしょうが、好きでどっぷりハマっている浮気相手・不倫相手がいる女性の場合、夫や彼とのセックスって、する気になれない方が多いように思います。

女性の場合、「好き」という感情がないと、心から楽しめるセックスにならないってことが多いんですよね。

それから、「罪悪感から」なんですが、いけないことをした自分の身体が汚れてる気がしてきて、罪悪感を感じさせる対象となる夫・彼から距離を取りたくなったり。

あるいは、「あたしの身体は、あんなに愛してくれる浮気相手のもの」という帰属意識のようなものからだったり。

あと、もともと、夫や彼とのセックスに不満があるので、
「あんたとなんかしたくない」「あんたのヘタなセックスなんか嫌」
という憤りからだったり。

↑なので、本来は、まず夫や彼とのセックス含めた関係性に向き合っていく必要があります。

なので、夫や彼に求められても、うーん、と手をはらいのけたり、その気にならない、と背を向けて疎遠になってしまう、ということがあるようです。

浮気・不倫までは定期的にセックスがあった夫婦・カップルの場合は、セックスを拒否されるようになった、も「浮気・不倫」の兆候の一つとしてチェックリストに挙げられることもあるようです。

逆に旺盛になる場合

逆に罪悪感で、以前より旺盛にセックスする、と言うのもあります。
これ「補償行為」と呼ばれるものです。

償いの行為です。

セックス以外にも、今まで以上に家事を一生懸命やる!とか、優しくする!とかもあります。
これだけ私、悪いことしてるから、そのかわり一生懸命、償いでセックスするから~、家事やるから、これで勘弁して!ということですね。

まぁ、義務感でやるので、気持ちいいわけないですんけどね。

もう1つあるのが、「タブーを更に犯す興奮」です。

浮気・不倫相手とのセックス自体が、夫・彼を裏切っているというタブーがあります。


その「他で愛された身体を、夫・彼に愛させる」というタブーを更に犯す背徳感によるものです。
この場合は、逆に妙に興奮してしまう、ということがあるようです。

この段階では「悩み」にならない


で、この段階で
「いま、浮気をしていて、夫・彼とセックスする気になりませんが、どうしたらできるようになるのでしょうか」
という悩みのご相談は、実はあまり聞きません。


そもそも浮気中の現在は、夫とや彼としたいなんて思えないけど、セックスは他で充足されているから、そもそも悩みにならないんですよね。

もし「悩み」になるとしたら、セックスをしないことで、夫や彼にバレたらどうしよう?という怖れの方が本当の「悩み」だったりします。

浮気・不倫相手と別れた後では「悩み」になる場合もあります。今まで、浮気・不倫相手に満たされていたセックスがなくなってしまったので、セックスするなら「夫や彼」になってしまいますから。
もともと夫や彼とのセックスが満足できるものでなければ、あまりしたくない。
なので、「悩み」になります。

ここは、実際には、セックスを含めた「パートナーシップの修復」がテーマになります。
セックスは象徴的に表しているだけで、実は、セックス以外も含めた、夫や彼との関係をどうしていくのか?が向き合っていくポイントになります。

-浮気・不倫中
-, ,