よく出てくる「自立」っていう言葉なんですけど。
「自立している人」ってどんな人かというと、平たく言うと、

何でもまず自分一人でがんばっちゃう、
助けを求められない、
ハードワークしちゃう、
人から何かしてもらっても、ありがとうより、すいません(悪いなと)おもっちゃう人、

です。

で、「自立」の反対が「依存」なんですが、
これも、かなーり平たく言うと、

1人でがんばることよりも周りにやってもらうことを求める、
助けを求める、
人から何かしてもらっても当たり前のように受け取る(何とも思わない)人、

です。

わかりやすく、極端にデフォルメすると、ですよ。

(更に言うと不思議なのが、これを読んで、「自立」の人がなぜか「私は依存の人だぁ」、「依存」の人が「私は自立の人だぁ」と思っちゃうのです)

「自立」の人に、とっても多いのが、「彼に依存しちゃうので」依存しすぎないようにしています、
なんです。

これ、自分がすごく嫌っている「依存」の人になっちゃうような気がするんですね。
自分の正反対の、です。

じゃあ「依存する」ことと、「甘える」ことは、どう違うんでしょうね??

彼がいないと何もできない状態だとしたら、「彼依存」ですよね。
赤ちゃんって、お母さんの助けがないと生きていくことすらできませんよね?
彼を親のような存在にしちゃってるわけです。

でも、「依存心」ってのは、誰にもありますよね?
助けてほしい、自分に何かしてほしい、世話をしてほしい・・・

人間だから、これあって当然ですよね?

その「依存心」を出していくことは悪いことでもなんでもないと思うんです。

なので「依存心」を表現していくこと、が「甘える」ということかなと私は思ってます。

これは、甘えたい先の相手を、アテにしてあげること、にもなります。
その人から、満たしてもらえるだけのものがあると思っているわけですから。

特に男性は、女性からアテにされることで自分の存在価値を感じられます。

あなたの力が必要!あなたにこれをしてほしい!だって、あなたはできる人だから・・・

「自立」の女性は、これが男性に対して、なかなかできないんですよね。
自分がすごーく弱くて、バカでつまんない女になっちゃったような気がして。
しかーし!
これ、必要なんです。


「その悩み」


「そのテーマ」は


あなた自身に





解決できる力があります

オンライン個人セッション

60分=9,000円(税込)

カウンセラー・ヒーラー・

スピリチュアルティーチャー

安田 未稀

得意ジャンルは、浮気・不倫をしている当事者のサポート、自身は裁判まで経験した離婚問題など、「大人の複雑な問題」から、心と身体、ビジネス・キャリアまで幅広い。
セッションの特徴は、「自分で答えを見つけて、自分で動く力」を引き出すこと。
心理学の知識から、スピリチュアルまで様々な知識と領域をフルに活用。

LINE・メールで


個人セッションの






ご予約・お問い合わせ





受付中です!

下記ボタンから登録するか、「友だち検索」画面のID検索で @rcb4366q を入力して検索し、メッセージをお送りください。

友だち追加
メールは、


info★yasudamiki.com


(★=@に変更)