問題を作り出している原因・制限をはずし、心から望む人生にしませんか?

手放しのイメージ 「バスの座席編」

さて、昨日の「鳥と鳥カゴ」の代わりに私がイメージしたことです。

「バスの座席」にしました。
2人掛けの座席があり、2人で座っていたのですが、
彼は途中下車しました。
空席がつらいので、
1人で2席使おうと真ん中に座ったり、荷物を置いて
誰も座らせない、状態にしちゃいました。

これが鳥を追いかけているのと同じ状態だと思いますし、
荷物=別れた相手の亡霊、過去の傷、痛み、恨み辛み、
だと思います。

でも、この荷物をどけないと、誰も座れません。
「誰が座るかわからない席」「誰でも座れる席」
にするために荷物をどける。
席を一人で使わず、あけておく。

そのうち「誰が座るか楽しみにしよう!」
となるまで、何度も何度もやりました。

傷が癒えるのを待たなくても、新しいパートナーを作ってもいいと思います。
荷物=別れた相手の亡霊や過去の痛みを
どけて座ってくれたり、代わりに持ってくれたり
窓からポイ!する人かもしれません。
なので、手放しの手っ取り早い方法は
新しいパートナーを見つけて一緒にバスに乗る、
ことなんですけどね。

「バスの行先」も、変更することができます。
これが「ヴィジョン=目指す姿」ですね。

手放しはなかなか大変なので、一人では辛いです。
面談のセラピーで「手放し体験」を一度すると、
その感覚を頼りに何度も挑戦できますので
これもおすすめです。