この時代を乗り越えていくために、今のあなたをサポートするメッセージをお伝えします

手術後4日目

こんにちは、手術後4日目です
傷跡の痛みは。
だいぶん楽になりました。
傷跡、縫ってもなくて、
ホチキスでもなくて、
なんと、ノリでとめてテープでとめてあるだけとなづ!!
骨も肉も切ってますけど?!
この病院の技術を信頼して、ここまできただけによかったけど、びっくり。
今日からロキソニンという痛み止めもありません。痛いけど大丈夫そう。
今日もリハビリです
歩行器なしで部屋の中や廊下を歩けるようになりました。
歩行器、私の中では
ポチと呼んでいましたが
ポチとは、今日でさよなら。
昨日の夜も、歩行器を使ってぐるぐる病棟内を歩いていたのですが
70超えたぐらいの男性が
歩行器なしでゆっくり歩いているんです
聞けば昨日手術したばかりとのこと
信じられん∑(๑ºдº๑)!!
私なんて、起き上がることもきつすぎて無理でほぼ寝てたのに
トイレ行くのも看護師さん呼んで車椅子だったのに
ほんと痛みの感じ方って個人差があるなぁってつくづく思いました
体だけじゃなくて、心も同じ出来事に遭遇しても
本当に痛みの感じ方って
人それぞれ
全然違う
だから他人との比較って無意味なんだけど、
社会にいるとやっぱりどうしても比較してしまうよね
周りの人のようにスタスタ歩けるようになりたくても、それが叶わない
痛い体を呪ってしまいたくなる。
でも、個人差はしょうがない
リハビリの先生は
相対評価じゃなくて
あくまでも私の身体だけを見
決して無理をさせないし、
私のペースをとても大事にしてくれる
そして、少しづつ段階を追うことに、
心身両方のトラウマが解消されていく。
火曜日、意識を失ってしまったことや、起き上がるのが怖くなったトラウマ、
手術そのものか怖かった、痛かった。トラウマ。
痛くて動きたくないっていうトラウマ。
これらか
少しずつ溶けていく
トラウマ解消のステップを
この先生から身体を通して学ばせてもらった
リハビリって
結局はその人が本来持っている治癒力、体力、エネルギーを引き出すことなんだと思うけど、
この先生なら信頼できる
そういう安心感が前向きにさせてくれる。
改めて自分の仕事のこと
自分のスタンスとかをすっごく感じさせられましたよ。
さて。
手術前からある手足の症状はまだそのままです
基本進行を止めるのが目的の手術なので
消えるかもしれないしかもしれないし
1年経っても消えなければ諦めてくださいって言われてる
今の時点では消えていないことで悲観的にならないようにしてる
人間の体って何があるかわかんないから
なので、今はスピリチュアル系のボディワークも自分に対してもやっていて
アクセスコンシャスネスのボディプロセスにある
細胞記憶(セルラーメモリー)
回路網
という二つをやっています。
なんのこっちゃ、わからないと思いますが、
手術でボディにできたトラウマや傷跡修復に効果ありそうとのこと。
時間だけはあるので、やっています。
お知らせ~予想外に早く仕事復帰できそう。個人セッションご希望の方、ご連絡下さいねー