「愛すること」と「許すこと」は同じなのか?

「愛とは許すこと」という定義もあったりするし、そういう本もあるのですが。

私個人は、「愛すること」と「許すこと」は別モノでいいんじゃないか?と思うのです。

 

私が心理学を学んだ師匠によると、許すの語源は緩むだそうです。

(ゆえに、師匠は体形緩みっぱなし→この御仁

 

許せなくて悩んでいる人は

どっかで相手のことが好き、愛している、がゆえに許せなくて苦しいのだと思うのです。

でも、これ、「愛する」と「許す」がくっついているから、苦悶します。

だから、あえて、切り分けてもいいんじゃないかと。

 

相対的に、「許せない」サイズが小さくなればいい

好き!愛している!を選び続けた結果として、

相対的に

「許せない」が小さくなったらよしとしませんか?

つまり、許せない」思いのサイズは変えようとしなくてもいい。

「愛している」がでっかくなれば、「許せない」サイズは小さくなったように感じる、ということです。

 

自分のネガティブ感情は否定しない。

これ、すごく大事です。

 

そして、どうしても

愛する<許せない で

「許せないサイズ」がどんどんでかくなって

(「許せない」サイズはそのままで、「愛する」が小さくなっていく場合も含め)

その時は、

相手を許すのではなく、自分を緩ませるために、

お別れする、という選択だってありえます。