セッション受けてすっきり!楽しかった!

けれど、あれ?

日常生活に戻ったら、またネガティブな感情が出てきて、どうしよう?

というケース。

実は個人セッションを受け始めの頃に、よくあります。

 

感動しすぎたあとの落差

コンサート・お祭り・運動会の後と似ていると思うのですが、

楽しかったり、興奮した後って、いつもの日常に戻ったとき。

落差がありすぎて、日常がつまらないものに感じてしまいますよね?

それと似たようなケースです。

セッションでは、いろんなことを知り、感じ、感動したり、すっきりしたり、とたくさん感情が動きます。

そういう意味では、「非日常」の場です。

で、いつもの生活に戻ったときに、格差(落差)を感じます。

それだけ感情の「幅」を感じるほどですから、感情がより豊かに感じられる状態になっています。

ナローバンドがブロードバンドになってるわけです。

だから、悪いことではないと思います。

(日常生活が「お祭り」状態に近づけたら、より日々楽しく過ごせるようになりますので、落差が少なくなります。これを目指すのが、新しい目標になりえますが、詳しくは割愛)

 

セッションでは、ご自身の感情に触れるきっかけを持ちます

セッションでは、お話をするだけでも、ご自身の感情に触れるきっかけをたくさん作ります。

感情を感じやすくなります。

ま、この仕事、そのためにやってるんですがっ・・・・

特に、今まで感情を感じることを封印(抑圧)していた方は、感じるセンサーが動き出します。

セッションで感動した!楽しかった!ということは、同じだけ不安、ネガティブな感情も感じられるセンサーも動くようになったということです。

いい感情、苦しい感情もぜーんぶ、「ザ・感情」ですから!

えー、そんな!苦しいのは感じたくないよー・・・

それはわかりますが。

そこは、感情って非情なもんですよね・・・(;’∀’)

 

そのネガティブな感情、実は前からずっとあったものかも?

セッションの場は、前述のとおり、「非日常」です。

「非日常」でしか、ネガティブを感じたり、吐き出せない方は、いっぱいいらっしゃいます。

裏を返せば、日常では抑圧しています。

なので、感じないように抑圧していたものを、ようやく、「日常」の場でも感じられるようになったといえます。

よかったですね、なんです。

(あら、セラピストって鬼みたいですねっ・・・・)

 

明日に続く・・・