いろんなセラピストと話していて、みんな口を揃えて言うのが、

「インナーチャイルド(内なるこども)は癒しの基本」。

これは本当にそうだなと思います。

 

小さい時の自分をイメージしたときに、

どんな様子か?どんな顔をしているのか?想像してみると。

 

寂しそう

悲しそう

辛そう

 

これはよくあることです。

そんなインナーチャイルドの寂しさ、悲しみ、苦しさに寄り添ってあげることがインナーチャイルドワークの基本です。

ですが、こんな場合はどうしたらいいのでしょう?

想像したら。

元気いっぱい遊んでいる!

楽しそう!

イキイキとしている!

 

あら、これではワークが成り立たない!と思ってしまいます。

本当に心からそうだったならいいです。

が、よくあるのは、

その一見よさげな姿の裏に、実は何かがある、です。

(「家政夫のミタゾノ」さんみたいに、裏を除く気分で・・・)

 

ガマンして元気なフリしていた

本当はおもしろくないのに、楽しそうにしないといけないと思っていた

喜んでいるフリしないと親を悲しませると思っていた

 

ここなんです。

本当はどうったのか?

正直に私にだけは打ち明けてもらう。

↑簡単には打ち明けてくれない子供もいますけど。ま。その態度、インナーチャイルドであり、あなた自身なんですけどね!

 

ここまでやるのが本当のインナーチャイルドワークです。

ミタゾノさん風に言うと、ここまで暴かないと(;’∀’)、本当の感情につながっていないんですよね。

 

このインナーチャイルドが本当に思っていたことがわかるのは、あなただけ、なんです。

インナーチャイルドとの付き合い方、つながり方がわからない方、いろんなコツがありますので、よかったらご相談ください。