安田の得意な、浮気した・されたシリーズ、

カウンセリングサービス時代の「ライブドアブログ」に残っています。

【浮気された・不倫された】シリーズはNo.16まで執筆していますので、

ので、今日は【No.17】としてアップします。

 

さて、浮気した側が、パートナーにバレちゃった場合、

やりがちなのが、

謝り倒す

なだめすかす

償いの行為をする

逆切れ

 

です。

なぜそれをするかというと、「悪いことをした」という罪悪感があるからです。

 

謝り倒す、なだめすかす、償いをする=ごめんなさい、許してください。

は、わかりやすいですよね?

 

ではなんで逆切れ=罪悪感なのか?よくわからないと思いますので、解説を。

 

人は、自分が悪いことをしていると思っていると、当然、つらくて苦しい。

ですので、この罪悪感を感じさせる相手・対象から遠ざかりたくなります。

あるいは、その相手・対象に

「おまえのせいで自分を責めてしまうんだ!」と相手のせいにしたくなります。

 

つまり。

「浮気・不倫して罪悪感を感じているのは、おまえのせいだ。

おまえは加害者で自分が被害者」

と、なるわけです。

浮気された側にしてみたら、

「浮気されてつらいのはこっちで、私が被害者でおまえが加害者だ!」

と思うわけですが(;’∀’)

 

この状態は、お互いに、加害者と被害者を作り出す無限ループに入り、終わりがなく、最後は破綻することもあります。

 

だから

カウンセリング的な見方というのは、

どっちがいい悪い、正しい正しくないの世界から抜け出て、

ちょっと全体を俯瞰してみましょう。

で、抜け道探しましょう、

なのです。

 

これ、セラピストだからできるのであって、例えば親やきょうだい、友達はできません。

関係性が近いだけに、友達はあなたの味方をするでしょうし、親であればなおさらです。

たとえわが子が浮気をして家族に迷惑をかけようが、そんなわが子でも親は最後かわいいし、守ります。

なので、結局、俯瞰して見守ることが難しい存在なのです。

もちろん、そばで誰よりも支えてくれる親、きょうだい、友達はとても大事です。そのつながりは大事にしつつ、
でも、身内だけで解決することはお勧めしないのです。