問題を作り出している原因を取り除きませんか?

【浮気した・不倫した No.21】なぜ浮気・不倫した人の才能が広がるセッションになるのか?

こんにちは!安田未稀です。

浮気や不倫を「した側」は、「自分が悪いことをしているから」と誰にも言えずに抱えていることがほとんどです。

でも、カウンセリングでは、浮気・不倫をいい・悪いでは判断しないので、安心して受けていただきたいと思います。

なぜかというと。

自分や相手を責めるだけになり、何の解決も、もたらさないからなんです。

一般的な善悪や価値観よりも、お客さまに寄り添い、今ある感情や置かれた状況をあなたの視点から紐解いていきます。

女性だけでなく男性からの相談も大変多くいただいています。

セッションを受けていただいた結果、浮気・不倫問題だけでなく、様々な問題が解決できて、結果としてご本人の才能が開く、ということがあります。

え?なんで?

(世間では悪いとされている)浮気・不倫をした人の才能が開くの?と思いますよね?!

 

なぜ「才能が開く」のか?

そもそも、本来の自分自身を生きていないために、浮気・不倫をしていることが多いからです。
例えば、男性の方ではこんなケースがあります。

 

仕事でものすごくがんばっているのに、上司にも認められない。
帰宅しても妻からは感謝のことばはおろか、なじられる。
そんなとき、職場の同僚の女性が、ねぎらいのことばをかけてくれた。
そのまま不倫関係になってしまった。

この場合、ものすごくがんばっても認められないのは、

そのがんばり方が間違っていたり、
本当にがんばりたいことが他にある・・・など、
エネルギーの投資の仕方が間違っていたり、
能力がフルに発揮できていないことが多いのです。

そこに気づくと。

職場や家庭でのコミュニケーションや自分を取り巻く環境が変化する可能性があります。

その流れの中で、

不倫相手との関係をどうするか?
うまくいっていなかった妻とはどうするか?
ムリなく結論が見えてきます。

他には、女性の場合、こんなケースがあります。

女性的なものに抵抗があって
セックスもあまり楽しめなかった。
夫とは友達みたいな関係。
そんなとき、ネットで知り合った既婚者の男性とW不倫。
彼は私をものすごく女性として扱ってくれるし、私も彼の前では甘えられる。

この場合、女性的なものに抵抗があるがゆえに、身近な人に対しては、女性として振る舞えない。
タブーを犯す関係の男性の前でのみ、自分の中でのダブー=女として振る舞うことができるというケースです。

日常的に自分が女性として生きることを楽しめて
女性としての魅力にあふれたとき。
不倫相手や夫との関係も変わる可能性があります。(夫と改善、あるいは夫と別れるなどいろいろ)

不倫相手が、あなたに教えてくれるものがある

いずれの例も、不倫相手が、
あなたにとって、気づかない能力や魅力を引き出してくれる。
生き方を変えてくれる相手になる可能性があります。

パートナーや浮気相手と継続するのか、別れるのか。
それはおのずと決められる時がくると思います。

だからすぐに無理に結論を出さなくてもいいと思うのです。